真夜中に電話を掛けてくる人・・・

Pocket

導入

仕事をしていると、携帯電話を使うなんてこともよくあること。

会社から支給されたりして、使っている方もいいことと思います。

私も会社の携帯電話が支給されており、そこに電話がかかってくることもよくあります。

 

会社から携帯電話を支給されている

こうした方も結構いらっしゃると思いますが、私は仕事用の携帯電話を会社から支給されています。

この携帯電話はもちろん仕事用となっており、仕事先の電話番号が入っていたり、仕事の電話が掛かってきたり。

ショートメールの機能も備えているので、ショートメールでやりとりするなんてこともありましたね。

便利なものであるのは間違いないのですが、これが時にマイナスになることも・・・。

 

お客さんに携帯電話の番号を教えることもある

携帯電話なので、掛けるだけでなく、掛かってくるということもあるわけでして。

仕事のお客様に携帯電話番号を教えることももちろんあります。

「何かあればこちらまでお願いします」

名刺にも携帯電話の番号が書かれていますしね。

会社に電話を掛けて不在と知った時だけ掛けてくる方、いきなり携帯電話に掛けてくる方、いろんな方がいらっしゃいます。



ある日の夜のこと

ある日の夜こと。

仕事を終え帰宅。

就寝時間になり、眠ることにしました。

布団に入り、眠りに就きます。

毎日の習慣で、枕元には携帯電話。

仕事用と個人用とを置いています。

私は携帯電話で目覚ましを掛けるため、これが日常となっているんですよね。

もう癖といってもいいくらい。

そうして布団に入ってしばらくすると、眠りに就きました。

次の日に起きればまた仕事です。

 

就寝中に携帯電話が鳴った!!

眠っていた私でしたが、携帯電話がけたたましく鳴り目覚めます。

「もう朝か・・・」

しかし、窓の向こうはまだ暗い。

あれ・・・どうしたんだ・・・。

携帯電話を確認すると、とあるお客さんからの電話。

時間を見ると午前2時過ぎ。

「まじか・・・こんな時間に掛けてくるとは・・・」

起きてしまったし、電話に出るか・・・と電話に出ることにしました。

 

真夜中の電話

私「もしもし・・・」

お客さん「あ、もしもし?」

私「はい・・・」

お客さん「あのさ・・・・」

と仕事の話が始まります。

こんな時間に悪いねとかないのかよ・・・と思いながらも話を聞きました。

そんな時間から動けるわけもなく、対応は翌日。

夜中の電話はつらい。

そう思いました。

電話の後はそわそわしちゃって眠れたものでもありませんしね・・・。

色んなお客さんがいるなあと思った出来事でした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です